装備品の話など(3)

  2004年11月15日

 中国の潜水艦が日本の領海を通過していったとか大騒ぎだねえ。普通に考えれば、沈められても文句が言えないところを、靖国をからめて開き直る当たりに、中国共産党のいやらしさが見えるな。もっとも、あんなボロ原子力潜水艦、日本の領海で沈めちゃうと、あとが大変だから、日本政府もわざと知らん顔して通したんだろうけど。しかし、日本としてはこれは看過できないと思う。少なくても、隣国の原子力潜水艦が、領海内を潜航していくなどという事態は、明らかに敵対行為であり、こちらがどう思っていようと、相手国は日本を敵国とみていると解釈すべきである。忘れてはいけないが、中国は共産党が一党支配する非民主国家である。報道の自由もなく、言論の自由もない。まともな、法治国家ですらないのだ。こういう国に対して、多くの日本人は幻想を抱きすぎである。
 個人的にはともかく、少なくとも共産党が支配する中国は敵国だ、と理解すべきだろう。
 というわけで、河童は今後、なぜか中国人の店員がたくさんいる、名古屋御器所の西友で買い物をするのをやめようと思う。それからラーメンや餃子などの中華料理も食べるのもやめる。ただし、台湾ラーメンは例外である。なぜなら、台湾は中華民国であって、大陸の中国とは関係ないからだ。

 さて、装備品シリーズの第3回目であるが、そろそろ食い物の話にいこうか。いうまでもなく長丁場の旅では食い物が非常に重要である。食わなければ、体が持たない。
 しかし、あらかじめ断っておくが、自炊なんてそうもつもんじゃない。なぜかというと、作っている暇がないからだ。1日十数時間も漕いで、その後にテントはって料理、なんてできるわけがないじゃないか。なので、河童は買えるところ、店のあるところでは、積極的にこれらを利用した。コンビニは、比較的どこにでもあるし、自転車を持っているとけっこう移動できるので、そういう点では楽をしていた。なにしろ、フネが重い…。

 しかし、全部が全部そういうわけにもいかず、半分ぐらいは自分で作っていた。主に食べたものというと、インスタントラーメンしか思い出せない…。米も炊くには炊いたんだが、キャンプをしていると、つくづく米というものは移動生活に向いていない。まず、炊くのに大量の水が必要で、食べたあとも洗うのに、また大量の水を必要とする。しかも、食べ終わったあと、鍋や食器をすぐ洗うことができず、つけておかないと汚れが落ちない。こんなもん食いながら戦争してたら負けるわけだと思った。そんなわけで、自炊の時にはほとんどインスタントラーメンということになったわけだ。だから断言できるが、インスタントラーメンは、究極のキャンプ食である。しかし、なぜカップ麺にはいろいろ具が入っているのが普通なのに、袋のインスタントラーメンには、具が入ってないんだ? あらかじめフリーズドライで入れておいてくれると、非常に助かるんだが。メーカーはもう少し工夫して欲しい。

 ところで、この料理のためのバーナーを、じつは2回目の旅の前にもらっていった。G’zシリーズを作っている新富士バーナーという会社があるんだが、ありがたいことにそこから提供を受けていったのだ。はたして、キャンプ用のバーナーが半年もの長丁場に耐えられるのか、アルミでできているので腐食の問題があるのでは、などといろいろ心配されたのだが、なんのなんの、全然壊れる気配もないまま戻ってきた。河童の部屋では、いまでも現役で湯沸かしに使っている。
 このコンロは、折りたたんでコンパクトにしまえるし、折りたたんでしまうと、下の台の部分がカバーになって、かなり乱暴な扱いをしてもびくともしない。河童は折りたたんで、かわうそ号のハッチの中に放り込んだままにしておいたが、波で荷物が移動しても、全然平気だった。はじめから風よけが下につく形になっているので、風が吹いていても、風の向きに直角においてやれば、風の影響をほとんど受けないですむ。屋外で火を使う時、風が吹いていると、どうしても火が逃げて、なかなか湯が沸かなくてイライラするが、こいつではそういうことは起きなかった。
 1回目の航海で持っていったコンロは、バーナーの直下に空気混合部がついていたために、ここに吹きこぼれがつまってしまい、ダメになってしまったが、これはその部分が横についていて、さらにカバーがかかっているので、鍋がふきこぼれてもダメージを受けずにすむ。こういう細かい点でも、これはうまくできていた。

 最近は、こうしたキャンプ用品を、防災用にそろえる家庭も多いみたいだけど、河童がここで紹介している道具なんか一通りあれば、かなり便利だと思う。新潟の中越地震の被害には非常に心を痛めているが、テント一つもっていれば、車で寝なくてもすむのにと思ってしまう。バーナーと鍋一つあれば、暖かいものだって口にはいるし。せっかく地震で生き延びたのに、その後で死んだらいかんぞ。非常に残念だ。

テントの中でラーメン作ってます。
下に一枚敷いておけば、熱は大丈夫だった。
こんなふうにお茶が飲めるのは、
漕いでない日だけ。
ヒラメをもらったんだが、どうやって食べるか。
生が一番手軽なんだが、怖いので熱を入れたい。。
結局、煮て食べた。